子宮筋腫

椎間板ヘルニアの症状が楽になった

オススメ

子宮筋腫が見つかったので手術しました

いつの頃からか、生理痛が酷くなってきていました。
生理の時は、お腹が痛かったりしんどいので
病院に行かないと!と思うものの、
月に一回、たった一週間ほどのしんどさを乗り切れば
そのつらさも忘れてしまい、
いつの間にか6、7年は経っていたと思います。
ある時、また生理がきたのですが
いつもよりもはるかに痛くて
仕事中に病院に行きました。
やはり子宮筋腫があるとゆうことで
担当してくれた女医さんに
要検査と言われました。
子宮内をカメラで見る検査や
MRIも撮って、結果は多発性の子宮筋腫でした。
子宮の中に筋腫がたくさんあるよと言われて
その大きさは3?5センチ、見えるだけでも5?7個はあるって言われました。

子宮の大きさは通常ニワトリの卵ほどですが
4倍程になって、背骨にくい込むくらい大きくなっていました。
その後、最初に行った病院から
子宮の手術を専門にしている大きい病院を紹介してもらいました。
そこの医師は、本人の意思に任せるとのことでしたが、
子供も欲しかったし、何よりもおなかの中に持ってることが嫌で仕方なかったので
すぐ手術をしてもらうことに。
腹腔鏡の手術ということと、
子宮に傷ができるので、妊娠した時は帝王切開になるよと説明を受けました。
手術は全身麻酔だったのですが
目が覚めてからはしばらく痛くてつらかったです。
結局、12個も筋腫があったそうです。
ただ、筋腫は生理があるたびにまた出でくるものなので
手術から2年ほどになりますが
現在も何個かでてきているみたいです。
手術は怖かったけど

生理も格段に軽くなったり、経血量もかなり減ったと思います。
長く付き合っていく子宮、
避けられはしませんができるだけ大事にしたいなと思います。
子宮筋腫でも妊娠あきらめないで

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る