子宮筋腫

椎間板ヘルニアの症状が楽になった

オススメ

月に一度やってくるあの激痛

毎月あの生理痛がやってくると思うと、本当に憂鬱になります。特に、2日目と3日目は私生活や仕事すべてを放棄したくなるほどの痛みです。
いろいろな症状がありますが、まず1つは下腹部の痛みです。起き上がったり、歩くのも辛く、吐き気をもよおすこともあります。それでも病気ではないので、仕事を休むわけにもいかず、痛みに耐えるしかありません。一度、生理真っ只中のときに通勤途中に人混みに酔ってしまい、下腹部の激痛と相まって、目まいで立てなくなってしまったこともあります。そのときは、いままでの生理痛の中でも特に辛く冷や汗も大量にかき、さすがに出勤することができませんでした。
2つ目は、妙にイライラしやすくなってしまうことです。普段はそんなことないのに、生理中はほんのささいなことでイラついてしまいます。特に、彼氏にはいつも申し訳ない気持ちでいっぱいになります。せっかく話しかけてくれているのに、普段よりも態度が悪くなってしまうことがよくあります。男性にはわからない症状なので、いつも戸惑わせてしまいます。私の態度のせいでデートを台無しにしてしまったこともあり、そのときは自分の生理痛を本当に恨みました。
子宮腺筋症の悩み症状を改善
ただ、私も含めて女性は必ず付き合っていかなければならない「生理痛」。本当は、薬に頼りすぎるのはよくないとは思うのですが生活や仕事に影響がでないようにするために、私は我慢をしすぎず生理痛の薬を飲むようにしています。もちろん飲む量は自分でも考慮しています。私たち女性は、これからも生理痛とうまく付き合っていくしかないので自分なりの和らげ方や対処の仕方をこれからも試行錯誤していきたいと思っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る