椎間板ヘルニアの症状が楽になった

椎間板ヘルニアの症状が楽になった

オススメ

子供のころは気ままに走り回っても何てこと無かったのに・・・。膝が痛い

<タイトル>
先月に勤めていた会社が倒産して無職となった訳ですが、今回はそれとあまり関係のない話です。
元々、学生時代からスポーツ漬けの生活を送ってきました。
世間一般的に言えば若くないのでしょうけど、同年代に比べて体力に自信はあるつもりです。
腹も気にするほど出ていませんし、エスカレーター依存にならず階段を昇り降りするフットワークの軽さもありました。

 

そして何より、食生活で支えてくれる妻の存在が大きかったです。
偏食家の私の事を考え、常に栄養バランスを考えてくれました。
そんな仕事の面を除けば至って良好ななか、それは突然やって来ました。

 

きっかけは、いつものように駅の構内にある階段を昇っている時でした。
何か電流のようなものが膝に走り、次の瞬間には激痛に見舞われていました。
幸いにも激痛はすぐに引いて、その後歩いて帰ることも無事に出来ました。
それ以来、特に何事もなくなんて事なら話にはなりません。

 

問題があったから、今回こうして話になっているのです。
どうも膝は前から調子が良くなかったらしく、駅での一件を境にしばしば痛みが気になるようになりました。
それでも激痛というほどではなく、しかし痛いことには痛いのです。
くどいようですが、私は学生時代をスポーツと共に歩いてきました。

 

子供時代も当然ながら外で走り回る日々で、と言っても他に大した遊びもありませんでしたし。
それが、今や原因不明の膝の痛みに悩まされる日々です。

 

愚痴ばかりをこぼしていても仕方ないので、膝痛の原因を探ってみます。
膝が痛む原因は無数に存在し、また人によっても理由は異なってきます。
私の場合、どうやら加齢による原因ではないかという見解が有力です。

 

膝の痛みを抱える方の多くが、ある程度年齢を重ねた方という話があります。
そもそも膝は関節の部分をクッションに寄って守られており、これが加齢とともに減ってしまうのです。
これが痛みの原因という訳で、だから私の膝も調子を悪くしたのでしょう。
しかし、加齢が原因となると解決への道は険しそうです。

 

基本的に良くなる、という方へ向かっていないのですから。
対処法としては、そのクッションを構成する成分を積極的に摂取するという方法がまず考えられています。
すっかり美容の必需品となった感の強いヒアルロン酸が、この膝のクッションを作っているらしいです。
病院ではヒアルロン酸注射というものを行っているようなので、状態を見て検討するのも良さそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る